わりとすぐ感じ入っちゃう男の見聞録
 
<< きちんと | main | 引退 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.03.19 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | - | - |
メッセージ
 すべてのものが読み解かれるのを待っているというのがポストモダンというやつだと思うが

まぁそこまでは行かなくても

色々なものがメッセージを放っているとは思う。

昨日の続きみたいになりますが

自分が出したいメッセージを出しているかということのチェックは必要だと思います。

言葉だけではなく、しぐさやそぶりでも。


そんなことを思うのも、院長会議や、院内ミーティングが控えているからなのかも知れません。

とにかく、うちのスタッフに言いたいことは

「世界が何をいいたいかは、読み取る自分によって変わる」ということです。

じゃあ自分がどんなバイアスを持っているのか

どんな傾向を持っているのかは必須の知識だろうと思うわけで。

年内にその手のミーティングをするべきだと思う次第です。


自分のところのスタッフには、辞めてからもあそこで学んだことが自分を創っていると思われたいし

そう思うことが客観性にもつながるでしょう

その人にどのように記憶されたいかはけっこう大事な質問だと思います。

さすがドラッカー


その人の特性を理解することなしに本当のゴールを迎えることは難しいんだろうという話でした。

自分ひとりでやる仕事とは違うからね。
【2009.10.16 Friday 23:53】 author : マツモト クニヒサ
| - | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
【2013.03.19 Tuesday 23:53】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする